CROとCRAの関係

CROとは、Contract Research Organizationで、受託臨床試験実施機関のことを指します。

ここでは、製薬会社で行われる仕事をサポートし、その業務内容は幅広いです。

CROの業務形態は大きく分けて、受託型と特定派遣型の2つに分けられます。

受託型とは、受託契約で製薬メーカーが仕事の一部を回してきます。

この場合、業務はCROの自社内で行われます。

一方、特定派遣型とは、社員が製薬メーカーに派遣され、製薬メーカーの社員と一緒に仕事を行います。

そしてこのCRO内で働く社員のことを、CRAと言います。

これは、Clinical Research Associateのことで、臨床開発モニターのことを指します。

CRAの業務内容は、治験開始前と治験を開始してから、そして治験終了に分けて説明することができます。

まず治験開始前は、治験を実施する医療機関と治験責任医師を選択し、その評価をしていきます。

そしてその医療機関に、治験実施計画を届け、説明し、スケジュールを確認し、契約の際に必要なことを話し合っていきます。

そしてスタッフ全員に説明会を行います。

そして治験に必要な薬、器材の準備を行います。

そして治験が始まったら、モニタリングをします。

これはCRAの最も大事な仕事の分野と言えるでしょう。

医療機関が計画に基づき、治療を行っているか、その経過はどうか確認します。

治験ファイルを確認したり、報告書を作成したりします。

治験が終了したら、症例報告書を回収し、未使用の薬、器材を回収します。

以上がCRAの仕事です。

このように医療全般に関わる仕事などで、看護師や薬剤師などの方が転職しやすい職業であり、人手不足なのでCRAに転職する人は増えてきているようです。